研究室

理論研究部門

素粒子研究部門

RIBF研究部門

  • 閉鎖した研究室
  • 橋本数理物理学研究室
  • 情報処理技術チーム

    チームリーダー
    市原 卓Takashi ICHIHARAD.Sci.
    • 1981年京都大学理学部卒業
    • 1985年京都大学大学院理学研究科物理学第二専攻 修了
    • 1985年理化学研究所 放射線研究室 研究員補
    • 1986年理化学研究所 放射線研究室 研究員
    • 1987年京都大学理学博士
    • 1995年理化学研究所 放射線研究室 先任研究員
    • 1998年理化学研究所 放射線研究室 副主任研究員
    • 1998年理研BNL研究センター実験研究グループ研究員(現職)
    • 2002年理化学研究所 計算機ネットワーク管理チーム チームリーダー
    • 2004年理化学研究所 本林重イオン研究室 副主任研究員
    • 2006年理化学研究所 仁科加速器センター 櫻井RI物理研究室 副主任研究員(現職)
      理化学研究所 仁科加速器センター 情報処理技術チーム チームリーダー(現職)

    研究室プロフィール

    仁科加速器研究センターの研究用計算機環境、メール環境、 実験データ収集処理システム、ネットワーク環境の開発、整備と運用、及び情報セキュリティー対策の実施をします。研究用共通計算機として、LINUX/UNIXのNIS/NFSクラスター計算機を運用し、日常的な小規模な計算、RIBFでの実験データ解析、研究紹介・研究支援のためのWebページ公開等に利用できます。メール環境は最新のスパム/ウィルス対策を実施した仁科センター独自のメールサーバ(ribf.riken.jp)を運用し、所外からも暗号化通信で安全にE-mailのアクセスができます。RIBF施設での実験のために、ネットワー分散データ処理、並列読み出し、および階層型事象構築の機能を備えた高度で高速なデータ収集システムを開発しています。 さらに研究支援のため Wikiサーバ、Windows-MediaおよびQuick-Timeストリーミング配信サーバ、グループウェアサーバ、 anonymous FTP server (ftp.riken.jp)等を運用し、あわせて仁科センターのネットワークの環境整備を実施しています。また、仁科センターでの情報セキュリティー対策の実施をしています。

    研究テーマ

    1. 研究用共通計算機環境の開発、整備、運用
    2. メールサーバおよび各種情報サーバの環境整備と運用
    3. 実験データ収集処理システムの開発、整備、運用
    4. ネットワーク環境の開発、整備と運用
    5. 情報セキュリティー対策の実施

    主要論文

    1. T. Ichihara et al.:
      "Isovector Quadrupole resonance observed in the 60Ni(13C,13N)60Co Reaction at E/A=100 MeV"
      Phys, Rev. Lett. 89 142501 (2002)
    2. H. Baba, T. Ichihara, T. Ohnishi, S. Takeuchi, K. Yoshida, Y. Watanabe, S. Ota, and S. Shimoura.:
      "New data acquisition system for the RIKEN Radioactive Isotope Beam Facility"
      Nucl. Instru. Method. A616 (2010) 65-68
    3. H. Baba, T. Ichihara, T. Ohnishi, S. Takeuchi, K. Yoshida, Y. Watanabe, S. Ota, S. Shimoura, K. Yoshinaga.:
      "Time-stamping system for nuclear physics experiments at RIKEN RIBF"
      Nucl. Instru. Method. A777 (2015) 75-79
    4. T. Ichihara,Y. Watanabe, K.Yoshida, and A.Yoshida.:
      "Computing and Network environment at RIKEN Nishina Center"
      RIKEN Accel. Prog. Rep. 49 p.205 (2016)
    5. PHENIX Collaboration (A. Adare et al.).:
      "Cross section and transverse single-spin asymmetry of single muons from open heavy flavor decays in polarized p+p collisions at √s =200 GeV"
      Phys. Rev. D 95, 112001 (2017)
    6. PHENIX Collaboration (A. Adare et al.).:
      "Measurement of transverse-single-spin asymmetries for midrapidity and forward-rapidity production of hadrons in polarized p+p collisions at √s =200 and 62.4 GeV"
      Phys.Rev. D90 (2014) 1, 012006
    7. PHENIX Collaboration (A. Adare et al.).:
      "Inclusive cross section and single transverse spin asymmetry for very forward neutron production in polarized p+p collisions at sqrt{s}=200  GeV"
      Phys.Rev. D88 (2013) 3, 032006
    8. PHENIX Collaboration (A. Adare (Colorado U.) et al.).:
      "Gluon-Spin Contribution to the Proton Spin from the Double-Helicity Asymmetry in Inclusive π0 Production in Polarized p+p Collisions at √s=200  GeV"
      Phys. Rev. Lett. 103 (2009), 012003
    9. PHENIX Collaboration (Stephen Scott Adler et al.):
      "Measurement of direct photon production in p + p collisions at √s = 200-GeV."
      Phys. Rev. Lett. 98 012002 (2007)
    10. PHENIX Collaboration (Adcox, K. et al.):
      "Suppression of hadrons with large transverse momentum in central Au+Au collisions at s(NN)**(1/2) = 130-GeV"
      Phys.Rev.Lett., 88 (2002), 022301

     

    PageTopへ