研究室
HOME > 一般向けトップ > 研究室紹介 > 玉川高エネルギー宇宙物理研究室

理論研究部門

素粒子研究部門

RIBF研究部門

  • 閉鎖した研究室
  • 橋本数理物理学研究室
  • 玉川高エネルギー宇宙物理研究室

    玉川徹
    主任研究員
    玉川 徹Toru TAMAGAWAD.Sci.
    • 1993年東北大学工学部応用物理学科卒業
    • 2000年東京大学理学系研究科物理学専攻修了
    • 2000年理化学研究所 協力研究員
    • 2001年理化学研究所 研究員
    • 2007年理化学研究所 専任研究員
    • 2010年理化学研究所 主任研究員

    メンバー

    研究室プロフィール

    われわれの住む宇宙は137億年前のビッグバンから始まりました。最初は水素とヘリウムしか存在しなかった宇宙も、星の内部での核融合、超新星爆発における元素合成によって、現在の多様な元素に満ちあふれた世界に進化しました。われわれは人工衛星を用い、天体からのX線・ガンマ線を観測することにより、元素が創成される、まさにその現場を観測しています。加速器を用いた原子核の研究と組み合わせ、宇宙における元素創成のシナリオを完成させることを目指しています。また、中性子星やブラックホールなど、地上では決して到達できない極限状態にある天体において、われわれの持つ物理の知識がどこまで通用するのか、検証する観測を行っています。これらの研究を推進するため、次世代の人工衛星に搭載する独自のX線検出器の開発も行っています。

    研究テーマ

    1. 宇宙における元素創成の観測的研究
    2. 宇宙における強磁場・強重力場の物理の研究
    3. 宇宙における荷電粒子加速メカニズムの解明
    4. 次世代X線・ガンマ線検出器の開発

    プレスリリース

    主要論文

    1. The Hitomi collaboration:
      "The quiescent intracluster medium in the core of the Perseus cluster"
      Nature, 535, 117-121 (2016).
    2. Iwakiri, W. B., Black, J. K., Cole, R., Enoto, T., Hayato, A., Hill, J. E., Jahoda, K., Kaaret, P., Kitaguchi, T., Kubota, M., Marlowe, H., McCurdy, R., Takeuchi, Y., Tamagawa, T.:
      "Performance of the PRAXyS X-ray polarimeter",
      Nuclear Inst. and Methods in Physics Research, A, 838, 89 (2016).
    3. Serino, M., Iwakiri, W., Tamagawa, T., Sakamoto, T., Nakahira, S., Matsuoka, M., Yamaoka, K., Negoro, H.
      "MAXI observations of long X-ray bursts"
      Publications of the Astronomical Society of Japan, 68, 95 (2016).
    4. Kita, H., Kimura, T., Tao, C., Tsuchiya, F., Misawa, H., Sakanoi, T., Kasaba, Y., Murakami, G., Yoshioka, K., Yamazaki, A.:
      "Characteristics of solar wind control on Jovian UV auroral activity deciphered by long-term Hisaki EXCEED observations: Evidence of preconditioning of the magnetosphere?"
      Geophysical Research Letters, 43, 6790-6798, (2016).
    5. Takeuchi, Y., Yamaguchi, H., Tamagawa, T.:
      "A systematic study of evolved supernova remnants in the large and small Magellanic Clouds with Suzaku"
      Publications of the Astronomical Society of Japan, 68, S9 (2016).
    6. Okura, Y., Petri, A., May, M., Plazas, A. A., Tamagawa, T.:
      "Consequences of CCD Imperfections for Cosmology Determined by Weak Lensing Surveys: From Laboratory Measurements to Cosmological Parameter Bias"
      The Astrophysical Journal, 825, 61 (2016).
    7. Nakano, T., Murakami, H., Furuta, Y., Enoto, T., Masuyama, M., Shigeyama, T., Makishima, K.:
      "Study of the progenitor of the magnetar 1E 2259+586 through Suzaku observations of the associated supernova remnant CTB 109"
      Publications of the Astronomical Society of Japan, 69, 40 (2017).
    8. Terada, Y., Maeda, K., Fukazawa, Y., Bamba, A., Ueda, Y., Katsuda, S., Enoto, T., Takahashi, T., Tamagawa, T., Röpke, F. K., Summa, A., Diehl, R.:
      "Measurements of the Soft Gamma-Ray Emission from SN2014J with Suzaku"
      The Astrophysical Journal, 823, 43, (2016).
    9. Jahoda, K., Kallman, T., Kouveliotou, C., Lorella, A., Black, J. K., Hill, J. E., Jaeger, T., Kaaret, P., Markwardt, C. B., Okajima, T., Petre, R., Schnittman, J., Soong, Y., Strohmayer, T. E., Tamagawa, T., Tawara, Y.
      "The Polarimeter for Relativistic Astrophysical X-ray Sources"
      Proceedings of the SPIE, 9905, 990516 (2016).

     

    PageTopへ