研究室
HOME > 一般向けトップ > 研究室紹介 >初田量子ハドロン物理学研究室

理論研究部門

素粒子研究部門

RIBF研究部門

  • 閉鎖した研究室
  • 橋本数理物理学研究室
  • 初田量子ハドロン物理学研究室

    初田哲男
    主任研究員
    初田 哲男Tetsuo HATSUDAD.Sci.
    • 1981年京都大学理学部卒業
    • 1986年京都大学大学院理学研究科物理学第二専攻 修了(理学博士)
    • 1986年高エネルギー物理学研究所物理系理論部客員研究員
    • 1988年ニューヨーク州立大学ストーニーブルック校 博士研究員
    • 1990年ヨーロッパ共同原子核研究機構(セルン)理論部 リサーチアソシエイトフェロー
    • 1990年ワシントン州立大学原子核理論研究 所(INT) リサーチアシスタントプロフェッサー
    • 1992年ワシントン州立大学物理学科 アシスタントプロフェッサー
    • 1993年筑波大学物理学系助教授
    • 1998年京都大学大学院理学研究科助教授
    • 2000年東京大学大学院理学研究科教授
    • 2012年理化学研究所仁科加速器研究センター 主任研究員

    メンバー

    研究室プロフィール

    原子核は、陽子や中性子が中間子を交換する事により結合しています。また、陽子や中性子は、3つのクォークがグルーオンと呼ばれるゲージ粒子を交換する事で結合しています。クォークとグルーオンの運動を支配しているのは、量子色力学(QCD)と呼ばれる力学です。我々の研究室では、少数個のクォーク束縛系(陽子・中性子やそれらの相互作用)から、大量のクォーク集合体(中性子星深部の高密度状態で存在すると考えられる)、そして大量のクォーク-反クォーク集合体(クォーク・グルオン・プラズマと呼ばれ、宇宙初期の高温状態で存在していたと考えられる)までを、ゲージ場の量子論に基礎を置く解析的アプローチと数値シミュレーションを併用して理論的に研究しています。さらに、QCD、冷却フェルミ原子気体、グラフィーンなどに共通して現れる強相関現象に関する理論的研究も行っています。

    研究テーマ

    1. 核力の起源
    2. 高温のクォーク・グルーオン・プラズマ
    3. 高密度のクォーク物質
    4. 格子ゲージ理論
    5. 強相関多体問題

    主要論文

    1. Y. Ikeda, S. Aoki, T. Doi, S. Gongyo, T. Hatsuda, T. Inoue, T. Iritani, N. Ishii, K. Murano, and K. Sasaki:
      "Fate of the Tetraquark Candidate Zc(3900) from Lattice QCD"
      Phys.Rev.Lett. 117, 242001 (2016)
    2. M. Asakawa, T. Hatsuda, E. Itou, M. Kitazawa, and H. Suzuki:
      "Thermodynamics of SU(3) gauge theory from gradient flow on the lattice"
      Phys.Rev. D90, 011501 (2014)
    3. A. Rothkopf, T. Hatsuda and S. Sasaki:
      "Complex Heavy-Quark Potential at Finite Temperature from Lattice QCD"
      Phys. Rev. Lett. 108, 162001 (2012)
    4. K. Fukushima and T. Hatsuda:
      "The phase diagram of dense QCD"
      Rept. Prog. Phys. 74, 014001 (2011)
    5. R. S. Hayano and T. Hatsuda:
      "Hadron properties in the nuclear medium"
      Rev. Mod. Phys. 82, 2949 (2010)
    6. K. Maeda, G. Baym, T. Hatsuda:
      "Simulating dense QCD matter with ultracold atomic boson-fermion mixtures"
      Phys.Rev.Lett. 103, 085301 (2009)
    7. N. Ishii, S. Aoki, T. Hatsuda:
      "The Nuclear Force from Lattice QCD"
      Phys.Rev.Lett. 99, 022001 (2007)
    8. T. Hatsuda, M. Tachibana, N. Yamamoto, G. Baym:
      "New critical point induced by the axial anomaly in dense QCD"
      Phys.Rev. Lett. 97, 122001 (2006)
    9. M. Asakawa, T. Hatsuda:
      "J/Ψ and ηc in the deconfined plasma from lattice QCD"
      Phys. Rev. Lett. 92, 012001 (2004)
    10. T. Hatsuda and T. Kunihiro:
      "QCD phenomenology based on a chiral effective Lagrangian"
      Phys. Rept. 247, 221 (1994)

     

    PageTopへ